募集のお知らせ

​大学院生、社会人大学院生、研究生、学振PD の募集

​現在、東北大学大学院 情報科学研究科および加齢医学研究所 認知行動脳科学研究分野細田研究室では、大学院生を募集しております。

脳科学、心理学、統計学、工学等、様々なバックグラウンドの方で、子供から大人まで個人それぞれの、能力、ウェルビーイング、知能、やる気、スポーツ、行動変容についての研究に興味があれば、お気軽にお問い合わせの欄 からご連絡ください

Our laboratory welcomes applications for master's or doctoral programs. Please contact us from the inquiry form. It is even preferable to have a variety of backgrounds such as neuroscience, psychology, statistics, engineering, etc.

ご自分の脳のこと、知りたくありませんか?科学的に信頼できる心理テストをぜひ!

​現在、細田研究室では、以下の心理テストをオンラインで実施しております。

ご自身の性格、やる気、知能などを知りたい方、ぜひ下記から試してください。

About me

細田 千尋
(HOSODA Chihiro)
博士(医学)

2022年 東北大学大学院情報科学研究科 加齢医学研究所脳科学研究部門 准教授

2017年 特定国立研究開発法人理化学研究所

    生命機能科学研究センター客員研究員(2020年3月まで)

2014年 東京大学大学院総合文化研究科 特任研究員(2022年3月まで)

2014年 国立科学研究機構科学技術振興機構 さきがけ研究者 (専任)

2012年 国際電気通信基礎技術研究所(ATR)

     脳情報通信総合研究所専任研究員

2010年 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター

     神経研究所疾病研究第七部流動研究員

2010年 東京医科歯科大学大学院 博士(医学)取得

プロフ.png

Research Interests

​特性の個人差を脳情報から定量化

やり抜く力 GRIT・意志力・メタ認知・自己効力感の個人差の定量的予測指標の解明と個別最適な育成方法

子どもの非認知能力の発達の解明に基づく効果的な非認知能力育成法開発

​認知機能の個人差を脳情報から定量化

英語力・プログラミング能力・論理的思考・創造性などの個人差を産む神経基盤解明や発達期の特徴解明と脳可塑性を誘導する個別最適な学習法解明

生涯学習サポートとWell-being

IoT技術と心理効果、行動経済学の理論を利用することで、脳可塑性を促進し、個人の能力を拡張・最大化できる教育・支援法を開発し生涯学習をサポート・well-being の最大化へ

Education

現在の担当講義

・学習心理情報学  (東北大学)

これまで担当した講義

幸福学 (帝京大学)

・生理学実習(帝京大学医学部)​

・感覚情報処理論  (早稲田大学人間科学部)

・感性工学  (芝浦工業大学大学院)

・人間工学(芝浦工業大学デザイン工学部)

・時事英語(芝浦工業大学デザイン工学部)

・Komaba Brain Science(東京大学)

・認知心理学(駒沢大学大学院)

・心理学概論(東京女子大学)

​・認知工学論(早稲田大学人間科学部)